フォルスコリンとは

フォルスコリンはインドやネパールで自生している植物で、しそ科の多年草です。根や葉に含まれるジテルペンは免疫の向上や有害細胞の排除、抗酸化作用、抗がん作用などの効果が期待でき、インドでは古くから食用や医薬用などで用いられてきました。

 

フォルスコリンサプリの副作用について

 

ホルスコリン(フォルスコリン)分子構造

 

環状アデノシンーリン酸ともいわれるcAMPが、細胞膜上の受容体と結合する分子との結合時に細胞内に変化を起こす媒介「セカンドメッセンジャー」となって働き、活性型グリコーゲンを不活性化してグリコーゲンの合成を抑える作用や、グリコーゲンホスホリラーゼをリン酸化する酵素「ホスホリラーキナーゼ」を活性化させる作用を持ちます。

 

このような作用を持つことからフォルスコリンはcAMPを蓄積して脂肪分解を促進させるサプリメントとして活用されています。

 

また脂肪を分解してダイエットを目指す方や成人病の予防などに効果があるだけでなく、細胞内の代謝を活発にさせることから、強心作用や眼圧低下、気管支拡張、抗血栓作用などの効果も期待できます。

 

眼圧を下げる作用はアデニル酸シクラーゼ活性を刺激することで、眼球の内側にある液体を外に移動させるために必要なcAMPを増やすことができるからです。

 

cAMPの増加は神経修復の促進にも活用することができるので、パーキンソン病や事故などによって神経が損傷した場合の修復にも期待され研究が重ねられています。

 

cAMPは自律神経の交感神経にも作用するので、強心や血管などにも効果が期待されているのです。

 

 

サプリメントとしては脂肪燃焼に効果があるということで利用されていますが、強心や眼圧を下げる、交感神経を活発にする作用などが、逆に副作用として現れることもあり得ます。

 

血圧が下がりすぎてめまいやふらつきを感じたり、心拍数が上昇することで立ち眩みや息切れなどが起こることもあります。胃酸の分泌を促進する作用もあるので吐き気や胸やけ、消化不良などの症状が出ることもあるのです。そのためフォルスコリンのサプリメントでこれらの症状が出てきたときはしばらく服用を中止して様子を見ることも必要です。

 

 

フォルスコリンが女性の身体にあたえる影響

 

フォルスコリンはインドに自生するシソ科の植物、コレウスフォルスコリから作られるラブダンジテルペンで、その根から抽出される成分がスリムな体をキープしたり、ほっそりとした体になりたいという人をサポートするといわれているのです。

 

この成分はダイエットをしたい人に注目されている成分で、アデニル酸シクラーゼとよばれる酵素に働きかけて活性化させてくれるのです。

 

 

アデニル酸シクラーゼという酵素は、cAMPといわれる情報伝達物質生産をアップさせるのです。その物質が増えると交換神経に働きかけ、女性の身体を活動モードにしてくれるのです。

 

活発に活動している状態になることで、エネルギー燃焼もさかんになって、脂肪燃焼が促進されるということなのです。自律神経の働きはダイエットという点でも注目されており、この物質は女性の心と体のバランスを整えながら、消化や吸収、燃焼といったバランスを整え、より健康的な身体になることをサポートしてくれるのです。

 

 

この成分を摂取することで、自律神経の整った自然な健康的な生活を送ることができ、より健康的な生活を送ることができるようにサポートしてくれるといったメリットがあるのです。

 

そのことによって、血行促進効果が得られて代謝アップにもつながったり、血圧を低下させてくれる働きによって高血圧の予防高価なども期待できます。

 

さらに、眼圧低下作用があって眼圧が原因の病気を予防する効果や気管支拡張作用による喘息予防等のメリットも得られるといわれています。

 

このように、フォルスコリンは南アジアに自生しているシソ科の植物から抽出された成分で、ダイエットをしたいという女性たちやスリムな状態でいたいといった人々から注目されている成分です。

 

この成分を摂取すると交感神経に働きかけて代謝効果を高めてくれるという影響が得られ、活動モードによってより痩せやすくて活動しやすい体に整えてくれるといったメリットがあるのです。

 

フォルスコリンサプリの副作用について